001 (3)
 こんちは! こんな時間16:00に記事を書いております。
白馬村への応援より先ほど帰還しました。現地は昨晩より冷たい雨が降り、
倒壊した家屋の片付けや、裂けた大地の補修など更に大変になりそうです。
新年を迎えるころには、少しでも被災者の生活が災害前の生活に近づけるように
今後も非力ながら応援していこうと思います。
24日午後には安倍総理が現地視察ということで、いろんなことが止まってしまい
マサキさまご一行も役場で待機を余儀なくされ、無駄な時間が発生してしまいました。
おかげで、報道陣にまぎれて総理のお写真をパチリとゲットしました。(いる?)
通常はボランティア保険に加入していないと、作業には就かせないとのことだったのですが、
なぜかOKだった。結果オーライ!現地のおっちゃんらと共に作業をしたのですが、
とにかく元気がいい。ついていくのがやっとだった。ただし、荒い。おれも負けた。
途中指示をくれる方に “うるさい” と2度も言われてしまいました。
あっているだけに何も言えなかった。周囲に元気を与えたかったのだが、
不謹慎だったのかと、なんかびみょーな感じがしました。
なんだかんだで疲れ果ててしまい、勝手に泊まることを決定し、松川村にある
すずむし荘にご宿泊。オケラのやからもおり負担することになりトホホであったが、
ビジネスホテルではないのでヤッホー状態。でも温泉に入りすぐに爆睡。幸せだった。
ご支援とご協力いただいた関係者のみなさん ありがとうございました。
マサキのサイン入りストーブをはじめ、水、食料、衣類など思いと一緒に
届けてきたよ。その後すぐに使っていただいておりました。感無量です。
だらだら書いたので手が痛いので終了します。
できることをお願いします。 マサキでした。